さくら市で根本改善なら「ひろまの整骨院」

膝の悩み改善

 

なぜTOP

 

 

このようなお悩み
\ありませんか?/

  • 膝が伸びない、曲がりが悪い
  • 膝に水が溜まる
  • 階段の上り下りが辛い
  • 体重を掛けると痛くて歩けない
  • 膝関節の周りが熱を持っているような感じがする
  • 膝が腫れていると思う
  • 手術しかないと言われたが手術以外の方法で何とかしたい

そのお悩みお任せ下さい

 

院長バナー

 

 

医師が絶賛バナー

 

書籍バナー

 

 

実際に施術を受けた
お客様から喜びの声
多数届いております

~その一部を紹介します~

 

「今では癒しです」

私と渡邊浩成先生との出会いは、いまから11年前でした。
当時、足の痛みで整形外科に行くと「変形性膝関節症」と診断を受けました。
なかなか改善されない時期が続いた為、友人が通っていた整骨院を紹介されて、渡邊先生の骨盤のゆがみ取りや膝の調整、マッサージなど施術を受けるようになりました。

今では踊りを出来るように症状も改善し、本当に渡邊先生には感謝しています。
膝だけでなく腰や肩こり、右肩が上がらない痛みなど辛いところを良くしていただけました。

是非私と同じ痛み、症状がある方は、渡邊先生に相談、施術を受けてみてください。

(竹内 節子さん 岡本(旧河内町))

※効果には個人差があります

「気持ちが良くリラックスして施術を受けられました」

膝や顎の痛み、サンダルの足先があたるのが気になって来院しました。
歩くのも車に乗る時も痛くて、気持ちがブルーになっていました。

整骨院には知り合いからの紹介で、最初不安な気持ちで伺ったのですが、痛いというよりリラックスした気持ちで施術を受けられました。
テーピングやインソール、骨盤矯正をしていただき次の日には痛みが改善していて本当に驚きました。
先生の技術は確かだと思います!!

またカウンセリングも丁寧で分かりやすく安心して通えました。
ありがとうございます。

(M.Sさん 30代 女性 氏家)

※効果には個人差があります

「以前のような動けなくなることがなくなりました」

子育て中に腰痛や膝痛が悪化していき動けなくなるほどの痛みになることもありました。
クイックマッサージなど受けながら生活していましたが良くなることはありませんでした。

子供が幼稚園に行くようになり、自分の時間が作れるようになって、以前からお世話になっていた整骨院にいけるようになり、徐々に痛みがなくなるようになりました。

今も子育て中ですが、定期的に通院してメンテナンスしているので、以前のような動けなくなるような事はなくなりました。

(S.Oさん 40代 女性 宇都宮市)

※効果には個人差があります

 

 

当院は初めての方には
60分の時間
頂いております

 

5:2 施術

はじめまして。院長の渡邊です。
私が施術者として一番大切にしているのは、ご利用者様の一番の理解者であることです。

そのため当院は初めての方へのカウンセリング・検査に時間をかけており、約60分の時間を頂いています。
それはお身体の状態を正確に把握する時間でもあり、それ以上にご利用者様とのコミュニケーションをしっかりと取れる貴重な時間になります。

私は、皆様の中に不安があったり、お互いの信頼関係がなければ良い施術はできないと考えており、悩みやつらい思いをしっかり受け止めて、助けになりたい・力になりたいと思っています。

どんな話でも結構ですので、お気兼ねなくお話しいただき、なんでも相談してください。私がしっかりお伺いします。

さらに当院では、施術前の説明も出来る限り専門用語を使わないよう心掛けております。分かりやすく丁寧に解説し、しっかりご納得・ご理解して頂いたうえで施術に入りますので、ご安心ください。

 

 

なぜ?当院の施術で
膝痛・変形性膝関節症
こんなにも

根本改善できるのか?

 

膝痛・変形性膝関節症が他で良くならない理由

imasia_3029955_M-e1475737801840

骨が変形するから痛い
軟骨がすり減るから痛い

この膝関節の痛みは広く認知されています。
しかし、本当に骨は変形で痛みが出て、軟骨がすり減って痛みが出るのでしょうか?

レントゲンから分かる情報はあくまでX線で膝の骨の現状が分かります。触診や動診しなければ骨の変形そのもので判断するしかありません。

しかしレントゲンでの確認だけでは、関節軟骨は減り、骨も変形し始めているのが確認できます。

「変形性膝関節症」確かにそうです。

画像を見る限り、誰もがそのようにするのは間違いないでしょう。

ですが、骨の変形=痛み、軟骨のすり減り=痛みなのでしょうか?

確かに、骨の変形は進行していくと可動域が狭くなり、日常生活に支障が出てきますので無視できません、実際に骨と骨がぶつかって膝が伸びない曲がらないことがあります。

骨の変形や軟骨のすり減りは、日々の負担が膝にかかり起きているので急な変化がありませんが、痛みには変化があります。

骨の変形はそのままなのに、なぜ痛みには変化があるのでしょうか?

もしかしたら骨だけ軟骨だけの問題でなく、周りの筋肉や靭帯、関節包や滑膜など軟部組織の影響かもしれません。

レントゲンに写らないところに痛みの原因がある。

膝痛は「骨の変形が原因」とされるのが一般的ですが、そもそも「なぜ、骨が変形してしまったのか?」

考えたことはありますか?

骨は理由もなく変形することはありません。

骨が変形するには相当の負荷があったと考えます。

そうすると、その負荷は骨や軟骨以外にも影響していると考えられませんか?

周りの筋肉や靭帯、関節包や滑膜など軟部組織があり、同様の負荷が加わっていたらどうでしょうか?

骨が変形するほどの負荷なのだから、軟部組織にも影響しています。

そうです。

この負荷による影響こそが痛みの原因です。

つまり、筋肉をはじめとする軟部組織への負担が痛みの原因があることが多いんです。

では何故、骨の変形や軟骨のすり減りが痛みの原因にはならないのでしょうか?

それは骨や軟骨には痛みを感じる神経が、もともと存在しないからです。

これは、髪の毛や爪と一緒です。

痛みを感じる神経が無いので骨の変形や軟骨がすり減っても感じません。

ですから、痛みの原因が骨や軟骨にあるというのは、見た目からそ判断したものになります。

したがって、あなたの膝の痛みが「骨や軟骨の変形によるもの」だけの判断だったら、レントゲンに写らない筋肉等のトラブルは見逃されている可能性が非常に高いと思います。

 

 

膝痛・変形性膝関節症の症状について

imasia_4216938_M-e1475737821850

人間の骨の数は約200個。 関節の数は約260個あると言われています。

そのうち手足の関節だけで約140個。6割が手足に集中しています。 より複雑な動きを要求される部分では関節の数が多いです。

その多くの関節のおかげで、私たちはさまざまな動きが出来ていますが、機械と同様、使用頻度が高い所には故障がつきものです。

その関節痛の中で、多いのが「変形性関節症」です。

関節は、クッションとなる軟骨のおかげでスムーズに動くようにできています。その軟骨が長年の使用で、欠け、すり減り、周囲に炎症を起こします。

変形性関節症が起こりやすいのは、「ひざ」です。

ひざには立っている時、体重分の重さや動きの重さもかかって、座ったり立ち上がったりするときにも、大きな力が加わります。

さらに足の筋肉が弱くなると、ひざへの負荷がさらに大きくなるため、ひざ痛を起こします。

変形性膝関節症の痛みは、初めのころには湿布薬、塗り薬などでなんとかなります。

ところが関節の軟骨への負荷は続きますので、「痛みが増す」「痛みの間隔が短くなる」等の症状は放っておいたら、少しずつ悪化します。やがて、立つ座るの動作に支障が出て、歩くと痛みが出る状態になります。そうすると歩く機会が減り、筋肉がさらに弱くなり、症状が進むという悪循環に。

ひざに違和感を感じたら、早め早めの対処がお勧めです。

こんな人が変形性膝関節症になりやすい

変形性膝関節症は「ひざを酷使した」「負荷のかかった状態で使い続けた」と言えます。次のような人はとくになりやすいので、注意してください。

運動不足の人
膝周りの筋肉が弱い、膝関節の動きが硬い、膝関節への負担が増えます。

O(オー)脚、X脚 の人
膝が外側(内側)に曲がっていると、外側(内側)の軟骨がすり減りやすくなります。

立っている時間が長い人
長時間立っていて、両足で均等に体重をかけて立つことが大変な人は、片方のひざに負担をかけることになります。その際、ひざにまっすぐ体重をかけれていないので、一部分に大きな負荷がかかります。立ち仕事の方は、特に注意してください

椅子に座った時、足を組む人
昔から足を組む癖のある人は骨盤からゆがみが生じているので、立った時、歩く時にひざに偏った負荷がかかっています

床に座る時、横座りやアヒル座りをする人
外反母趾、偏平足の人

上記同様、このような人は骨盤や膝のゆがみが生じています。

また、足のくずれがある場合は膝にかかる負担が増えます。

 

 

膝痛・変形性膝関節症の原因とは

85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_m

半月板損傷の原因

お医者さんも教えてくれない半月板損傷の本当の原因とは?

膝関節を無理に曲げたり、膝の捻りが加わるとことが損傷につながります。内側の半月板を損傷する場合が多いです。

半月板が損傷して膝が動かなくなる(ロッキング)、膝の力が抜けてしまい膝が折れてしまう、膝を動かすときに音がする(クリック音)、関節が腫れたり、膝関節の動きの制限、歩行困難、などが半月板損傷の症状です。

半月板は軟骨組織で神経が通っていないので、半月板そのものが痛みを感じていませんが、内側の半月板は内側側副靭帯と隣接しているので、膝関節の関節包、滑膜というところが痛みを感じます。

半月板は、膝を深く曲げると膝の後ろに移動し、逆に膝を伸ばしてくると前方に戻っていきます。

損傷した半月板は、ささくれのようになって動くときに関節包・滑膜を刺激します。

しかし、これは痛くなるメカニズムであって、このような状態になるまでの本当の原因があります。

本当の原因は、骨盤のゆがみ足のくずれから「膝関節の動きにかかわる硬くなってしまった筋肉や筋膜、腱」です。

これらの組織が、大腿骨や脛骨を通して、関節包や滑膜に刺激をして痛みになります。

なので骨盤と足をしっかり整えると膝関節の軟部組織のバランスがとれて、十分な柔軟性があれば半月板が力を吸収するので、ひざに痛みを起こすことはありません。

 

変形性膝関節症の原因

膝関節の痛みで一番多いのが、膝関節の内側に出る痛み

『変形性膝関節症』と呼ばれる症名ですが、女性に多い傾向があります。歩き始めや立ち上がる時、階段を降りる時、次の動作に移る時、正座をする時などに痛みを感じることから、次第に痛みが強くなって慢性的な症状へと悪化していきます。

この痛みは中高年に起こる膝関節の痛みの90%を占めているので、説明しておきましょう。

男女の比率は1対20位で女性に多いですが、この理由は骨盤のゆがみと足のくずれが大きく関係しています。男女とも平等に影響を受けていますが、女性の方の筋力が弱いため、ゆがみやくずれが起きやすくなります。

外反母趾もこれと同じ理由で女性に多く現われ、靴もカカトがあるパンプスなどで長時間立ったり、出産での骨盤のゆがみをそのままにしてしまったり、1対50位の割合で女性に多く現われます。

 

足裏の歪み「外反母趾」や「指上げ足(浮き指)」の原因

特に外反母趾や偏平足、浮き指での歩行は、歩行時に足首が過回内してしまい体重を膝関節の内側へ集中させてしまいます。

更に、このような不安定な足裏はクッション作用が著しく弱まるために、過剰な衝撃を膝関節に繰り返し加え、この膝の内側部を次第に変形と痛みが起きてきます。

その証拠に『変形性膝関節症』を起こす95%以上の人に外反母趾や偏平足、浮き指が併発しています。

これらの不安定な足裏は、指先で踏ん張れていないため重心が母指球になり、指の付け根とかかとだけを使った過回内の不安定な歩行をしています。

また、ジョギングをして膝関節が痛くなる人とならない人の差は、足裏のくずれとなる「外反母趾」や「偏平足」「浮き指」によるものだったのです。そして、足裏の歪みが私たちの体にこれほど大きな影響を及ぼしているにも関わらず、それに気付いていない人があまりにも多すぎます。

 

階段の上り下りの膝の痛みの原因

90%の変形が溜まってしまうのは不安定な足裏が原因です。

足裏が不安定だと、指先に踏ん張りがきかず、自分の体重が膝関節の関節面で衝突を繰り返すことにより骨や軟骨が次第に変形してくるのです。変形するほどの衝撃だと軟部組織に痛みがでてくるので『ふいに立ち上がった時』や『歩き始め』『階段の上り下り』にズキンとした痛みが走るなど、次の動作するときに痛みます。

特に、階段を降りる時もズキンとして「膝関節がガクン」と落ちそうになることがあります、これは体重による負担が急に集中したためで、関節包や滑膜、筋肉の付着部が引っ張られた結果なのです。瞬間的な痛みに対して安全本能が働き、その患部を守ろうとしてガクンと落ちるのです。つまり、人間は急激な痛みまたは瞬間的な痛みに対して、横になって重力の負担をかわそうとする防御反応が働きます。

また、電車の中や台所の時、膝関節を片方だけ曲げて、立つことも大切です。

踏み台や足を置くところがあれば負担を減らせます。

膝関節を伸ばて立つと、全体重を支えることになり関節に負担をかけてしまいます。逆に、膝関節をうまく曲げて立つと、うまく分散できて関節への負担を防ぐことができるのです。

そして、このような症状が出る人と、出ない人の差はやはり足裏が不安定になっているかどうかの違いです。

実はこの障害を起こす人のほとんどに『外反母趾』や『偏平足』『浮き指』が見られるのです。この事実からも分かるように、膝関節の痛みは足裏の不安定「外反母趾」や「偏平足」「浮き指」が隠れていた原因です。

 

 

当院ではこのように改善します

5:2 施術

ひろまの整骨院での改善方法は、多くの膝の症状がある方は、足のくずれがみられます。

外反母趾、偏平足など足の縦と横のアーチのくずれを矯正する為に医療用矯正インソール「Formthotics」を処方します。

国家資格者しか取り扱えないインソールで足にフィッティングといって、インソールに足を馴染ませることで合わないことはありません。

骨盤、膝、足自体のゆがみを「医師の作ったソフト整体SPAT」でゆがみとりを行います。

これにより施術でゆがみをとりインソールで普段の負担をとることにより改善が見込めます。

関節を構成する栄養素を補給するためのサプリも鹿島田医師のオススメしているものを提供できますので相談してください。

 

変形性膝関節症に対する見解

先に述べたように、ひざの一部分への負荷の蓄積が軟骨を減らし、炎症、痛みを引き起こすので、出来るだけ負荷のかからない状態を維持することが必要です。

「医師の作ったソフト整体SPAT」で骨盤を整えて、膝のまわりのゆがみを発生させている筋肉を確認して、一番負荷のかからない位置にすることが出来ます。

そうすれば、ひざに偏って掛かっていた負担が減り、ひざをスムーズに動かすことが出来るようになります。

その上で、ウォーキング等で筋肉をアップさせることでさらに強いひざにすることが出来るのです。

また、医療用矯正インソールで足のくずれを整えて膝にかかる癖を減らし、痛みの出ない状態を作って行きます。

痛みが出てからでも、遅くはありませんが、すり減った軟骨は元には戻せません。

なので出来るだけ維持するために、40代、50代の痛みのない時から予防で施術を受けること強くおすすめします。

将来、歩けなくならないように、放っておかないようにしてください。

 

 

キャンペーン実施中

 

2月29までに
\ご予約の方に限り/

ソフト整体で
根本改善コース

 

初回60分
(カウンセリング・検査&施術)

2回目(施術)

セットで 1,980円
※通常 1回6,980円×2回
=13,960円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※全て税込価格

 

tel:05088872312 予約フォームLINEマップ

 

 

なぜ、2回セット
キャンペーンを行うのか?

 

23042019_s-e1684912634260

病院や整体院・整骨院に色々と通われていた方でも、はじめて行くところは不安が大きいと思います。
ましてや整骨院に行ったことが無い方にとっては未知の領域と感じるかも知れません。

自分に身体に合うのかどうか、信頼に足るところなのかどうか、1回施術を受けただけでは判断が難しい場合もあると思います。

そこで当院では、皆様が安心して当院の施術を体感して頂くために、2回セット1,980円のキャンペーンをご用意しました。

医師や専門家からも推薦される当院の技術を受けて頂き、本当に自分に合うかどうかご判断頂ければと思います。

 

 

膝痛に関するQ&A

 

Q. 膝の水腫は消える?

A. 健康であっても、膝関節には関節包という筋肉の袋に滑液と呼ばれる潤滑油があり、極めて重要な役割をしています。

体重を支えている上下の骨が関節面でこすれて摩耗しないようにして関節の変形を防ぎ、更に過激な運動をした時に加わる荷重に対して、関節腔内や軟骨内の水分を移動させることで関節面を潤滑にする機能を果たしています。

また、膝関節の軟骨には血管ありません。

滑液は、軟骨の細胞に栄養分を補給し、造血細胞の働きを助け、膝の変形を回復させる作用をしています。

膝に水が溜まった人は、膝の関節炎を起こしているからです。これは水を多く出すことによって、関節腔内の圧力を高め、上下の骨がこれ以上こすれたり、激突したりするのを防ぎ、損傷を最小限に食い止めようとする防御反応です。

もともとある滑液を「水が溜まった」からといって有無も言わさず、滑液を注射器で抜いてしまうと、栄養分の供給がストップしてしまい、そのたびに劣化や変形が進みます。

足の着き方から、骨が摩耗して一番体重の集中する内側の骨が出っ張ったように変形してきます。なので、滑液を抜いたり、薬で痛みを無理やり抑えたりした人ほど変形がひどいのです。

膝関節の炎症が残り続けて、水を取り続けると栄養が届かず骨が弱くなって、簡単に、またすぐ腫れたり、痛んだり、そして昼も夜も痛みで悩まされ、最後には膝(ひざ)が曲がらない、歩くのが怖いといったひどい状態、歩行困難になってもおかしくありません。

変形や老化を回復するのに必要な栄養分の供給源は、主に「滑液という潤滑油」なのです。

ひどく膝関節に溜まった水は慌てて取らなくても、炎症を抑えられるように、しっかりした圧迫固定をして、膝の動きや足のくずれを整えていけば、どんな膝関節の水腫も 3週間前後で消えてしまうものなのです。だから、膝関節の水腫は極力取らない方がいいのです。

ポイントは負担を減らし炎症を抑えて、安静させるための固定、ひどく水腫が溜まった場合は圧迫固定が最優先されなければならないのです。そしてこの方が後遺症も残さず、予後もいいのです。

 

 

あなたの日常生活が
快適で過ごしやすくなるよう
お手伝いいたします

 

5:2 施術

皆さんの中には、

  • 長年、症状が良くならない
  • 手術を提案されたけど受けたくない
  • 病院で病気と言われてないけど身体がつらい
  • 手術したけど、なおりが遅い
  • あまり色々行ってないけど何とかしたい

などなど、色々なご事情や悩みがあって、自分の話を聞いてくれるのか、どうすれば改善できるのか、不安や焦りが大きくなっていく方も多くいらっしゃると思います。

でも、ご安心ください。

当院の目的は目先の痛みの緩和にとどまらず、その先の健康な日常生活を取り戻すことにあります。
その結果当院には、色々と通って改善出来なかった方や何度も症状を繰り返してしまう方なども多くご来院されておりますが、今ではそのほとんどが健康な生活を取り戻されております。

私どもは、あなたの悩みを解消するために、どんなつらい思いも受け止めて、真摯に向き合う事をお約束します。

何年ものあいだ痛みや痺れでお困りの方も、今まで満足できる結果を得られなかった方も、ぜひ当院にご相談ください。
あなたの日常生活を取り戻すために、私どもが精いっぱいお手伝いいたします。

 

 

まだまだあります!
沢山の喜びのお声
頂いております

 

「すっきりして仕事に戻れます!」

学生時代に柔道の授業で膝を手術するほどの大けがをしました。
立ち仕事で疲れてくると、膝や腰に違和感を覚えて、庇いすぎると肩こり、頭痛にまで起きてました。

渡邊先生にお願いして、肩甲骨や骨格骨盤矯正などをやってもらうと、すっきりして仕事に戻れます!

(大野 裕平さん 30代 男性 さくら市)

※効果には個人差があります

「腕が上がった時は、すごく感動しました」

膝と肩、腕が上がらなくて近くの整形外科に行って薬と電気治療を受けましたが良くなりませんでした。
以前に行ってた整骨院の院長先生が移動すると言っていたのを思い出しました。

さっそく行って渡邊先生にみてもらいました。
膝は骨盤と膝のゆがみを調整して1カ月で良くなりました。
肩は背骨のゆがみとりと肩甲骨を動かしてくれましたが、肩甲骨が動いてなくて腕が上がるまで5,6カ月かかりました。
腕が上がった時は、すごく感動しました。
姿勢も良くなかったので、週1回矯正して頂きました。

1年ほどかかりましたが、家族にも猫背が良くなったねと言われて嬉しかったです。

(鈴木 節子さん 60代 女性 宇都宮市)

※効果には個人差があります

「雰囲気が良く、気分転換にもなっています」

長時間の立ち仕事や荷物を運んでいたら、日常的に肩こりと腰の痛み、右足のシビレ、左膝、左足の痛みがありました。
地理的にも通いやすかったので、妻の勧めで担当していた渡邊先生を紹介して頂きました。

マッサージと指圧を中心に治療して頂き、腰と足の為にインソールも作りました。
調子が上がって、まだまだ仕事を続けたいと思っています。
週に1,2回を3年ほど続けています。

健康器具や医療器具などを買っても、自宅では使わないことが多く宝の持ち腐れになっていました。
まず家を出て人に会う、施術してもらうのが気分転換にもなっています。

(古口 宣さん 80代 男性)

※効果には個人差があります

「丁寧にストレッチも教えてくれます」

サッカーをやっていて、ちょっと頑張りすぎると膝とか足が痛くなっていました。

お母さんが整骨院に行ったので、一緒についていき膝と足を確認してもらいました。
膝も足も成長痛だけど、使い過ぎで、頑張ると痛みが出てくるみたいで、プレイしても痛みがでないように膝と足のテーピングをしっかりしてくれました。
どこが使いすぎてて、どこをストレッチしていいか教えてくれるので助かりました。
あとは痛くなったら冷やすことを覚えました。

(若林 惺太さん 10代 男性)

※効果には個人差があります

「“いやし”を求め通い続けて7年」

腰、背中や膝の痛みからか頭痛がひどくなり、デスクワークで長時間つかっていて眼精疲労も出始めてお世話になり始めました。
ホームページを見て、勤務先と自宅から遠くない所で選びました。

がちがちになっている筋肉や関節を動かしてくれて、今では眼精疲労と頭痛は落ち着いています。
腰も太ももの後ろが硬くなると調子が悪くなるので、よくほぐしてもらっています。

仕事と週末の運動に対する”いやし”を求め続けて7年くらい毎週欠かさず通い続けています。
今後もペースを変えるつもりはありません!面倒見てください。

(國井 秀明さん 40代 男性)

※効果には個人差があります

「諦めないで通って本当に良かった」

息子がクラブチームでサッカーをしていて足の痛みを訴えて病院に連れていきました。
病院ではシーバー病(カカトの炎症)と診断されて、色々な病院に行きました。
クラブチームの友達が通っていることを知り紹介してもらい通い始めました。
シーバー病になった経緯や気を付けることを丁寧に説明してくれて、相談しやすく安心して通いやすく、息子の足も通う度によくなっていく実感をすごく感じました。

痛みの原因を緩めてくれてテーピングして、姿勢が悪かったので骨格矯正もしていただきました。1回1回の施術後にどこがよくないとか、どんなストレッチをしたほうがいいとか教えてくれて、すぐに効果が出ました。

少しの痛みでも、ちゃんとメンテナンスしてくれる整骨院で諦めないで通って、本当に良かったと思っています。

(小倉 颯真さん 10代 男性 宇都宮市)

※効果には個人差があります

「交通事故で半年以上かかるケガでしたが、今は普通に歩けて仕事にも復帰できています」

車が廃車になるような交通事故を受けてしまい、首腰膝背中の痛みや手足の痺れ、歩くのも困難でした。
もともと揉み返しが出てしまってたので、どこで施術を受けようか悩んでいましたが、揉み返しにも対応してくれるって話を聞いて整骨院に行ってみました。

病院も紹介してくれて、腫れてる箇所とか、触ると痛い箇所は、安静にしやすくなるよう対応してくれたり、症状に変化が出てきたら次の対応に変えてくれて安心できました。

半年以上かかるケガでしたが、今は普通に歩けて仕事にも復帰できています。

(武藤 早映子さん 女性)

※効果には個人差があります

 

 

当院は全国各地の
有名施術家から沢山の
推薦を頂いております

 

「圧倒的な技術、優しい人柄も人気の理由です」

はるとも整骨院
柔道整復師・関節トレーニングインストラクター・Form thotics取り扱い認定院・栄養士・介護福祉士
番場 稔先生

茨木県結城市で、はるとも整骨院を営んでいる番場稔です。

渡邊浩成先生は外傷(捻挫、打撲、脱臼など)の知識も多く、急なトラブルや怪我にもしっかり対応できる治療家です。
もちろん慢性的な症状にも強く、私も慢性腰痛の治療、骨盤矯正などを勉強させて頂きました。
多くの整骨院、整体院が今ある症状のみをみて施術していますが、渡邊先生はカウンセリングからしっかりされて、原因を見極め、本当の原因にアプローチしてくれます。痛みのとれたその先にもフォーカスしてくれる先生です。
長年の痛み、しびれに悩まれている方は行かれることをお勧めします。

「優しさと技術を兼ね備えた先生は中々いないと思います」

おおいし整骨院
柔道整復師
大石 智美先生

こんにちは。
福岡県北九州市で、おおいし整骨院をさせていただいてます。
大石 智美と申します。

渡邊先生とは整骨院のセミナーを通して知り合わせて頂きました。
初めてお会いした時から凄く優しくお人柄に良い先生だなと思っておりましたが、コミュニケーションをとっていくうちにより優しく誠実な方だと思いました。

それだけでなく、しっかりとした治療技術に裏付けされた自信に満ち溢れた頼り甲斐のある先生でもあります。
実際、私が技術に対して疑問がある時も渡邊先生はいつも私にアドバイスをくれますし、そのアドバイスによって何度も助けられたこともあります。

こんなにも、優しさと技術を兼ね備えた先生は中々いないと思います。
何か、お体でお困りの際は是非、渡邊先生に相談してみてください。

きっと解決の糸口が見つかるはずです!

「ただの整体とは一線を画しています」

いなげ駅前整骨院・いちかわ駅前整体院・リスタート整体院 都賀院・リスタート整体院 千葉院
株式会社ReStart 代表取締役
白川 歴先生

千葉県で整骨院、整体院を4院を営んでいます。白川歴と申します。

渡邊浩成先生とは、セミナーを通して知り合いました。
同じ治療家の私が体を見てもらいたいと思う数少ない先生です。
長年の痛みを抱えているお客様は不安な気持ちがあります。
そんなお客様の気持ちに寄り添ってくれる。
そしてお客様が「この先生を信じよう!」と思ってもらえることがとても大切です。
まかせようという気持ちがなければ、どんなにいい施術をしても体は良くなりません。

車で走れば、たくさんの整骨院・整体院があります。
しかし、ただのマッサージしかできない施術家が多いのが現実です。
本当に体のことを深く理解し、適切な施術ができる施術家は多くありません。
渡邊先生が取り入れている施術法は、ただの整体とは一線を画しています。

通院を迷われている方は是非一度、ご相談することをお勧めいたします。

「頼れる先輩です」

さくら整骨院
柔道整復師
大橋 健太先生

栃木県日光市今市で、さくら整骨院の院長をしております。大橋 健太です。
渡邊浩成先生を一言で表すなら「穏やか」です。

ここまでお客様のためを思ってカウンセリングや治療を施す先生は、なかなかいません。
本当に必要な物を提供し施術だけでなく、しっかりと悩みを聞き、対策を提供する姿は同じ施術家として見習うところが非常に多いです。

お客様との信頼関係を築けるのは単に技術があるだけではなく、本気で良くしてあげたい、生活を変えてあげたいと思ってるからだと思います。

体の痛みや悩みがある方は、一度ひろまの整骨院に行き、話をしてみてください。
きっとこれからが良くなります。

「勤続11年!自信をもって推薦いたします」

元気の光整骨院・元気の森整骨院・元気の源整骨院
(株)元気グループ取締役社長・SPATセラピスト・柔道整復師
川野辺 弘先生

元気の光整骨院 院長の川野辺弘です。

渡邊浩成先生は、私のもとで11年の間支えてくれる存在でした。

私の両親は渡邊先生と同じ「印章店」の自営業で、両親の勧めで柔道整復師の道を選び、勤務していた院長から「お金を頂きながら感謝される仕事だから有り難い仕事なので頑張りなさい」という話を聞き

「人の役に立ちたい」精神で1998年に宇都宮市越戸町にて川野辺整骨院を開業しました。

開業してから多くの患者さんに来院して頂き「痛みが取れたよ」「楽になったよ」と言って頂くことがとても嬉しく、多くの人に喜んで頂くためにもスタッフを雇用して(株)元気グループをつくりました。

現在、越戸町の元気の森整骨院・下岡本町の元気の光整骨院・石井町の元気の源整骨院の3院を営んでいます。

渡邊先生は、(株)元気グループの理念である「心も身体も元気に人に活力を!」を常に体現してくれていました。
本人だけでなく必ずその周りの家族や職場の仲間も元気になり、皆を幸せにしてくれると信じています。

自信をもって渡邊浩成先生を推薦いたします。

 

 

ひろまの整骨院が選ばれる
他とは違う6つのポイント

 

①のべ16万件の実績!歴17年の院長自らが担当

5:2 施術

これまで沢山の臨床経験と実績を持つ院長がすべての施術を担当します。途中で担当が変わったり、技術の差が出る事はございませんので、ご安心ください。

 

 

②あなたの悩み・不安に寄り添えるカウンセリングを目指しています

5:2 カウンセリング

私が施術者として一番大切にしているのは、ご利用者様の一番の理解者であることです。あなたの悩みを受け止めてお力になれるよう、特に初回のカウンセリングに時間を掛けております。

 

 

③専門用語を使わない説明が分かりやすいと評判に

5:2 ケア

あなたの身体の状態、症状の原因、これからの改善法などについて、極力専門用語を使わず、丁寧に分かりやすく説明するよう心掛けております。しっかりご理解頂いた上で施術に入ります。

 

 

ソフトで身体に優しい安全な整体です

5:2 施術

お身体への負担も少なく、妊娠中や産後の方、お子様でも安心して受けて頂ける施術です。

 

 

⑤再発予防に効果的なサポートも充実

5:2 インソール説明

施術効果を促進させるストレッチや運動などのセルフケア指導や、テーピング・医療用インソールの作成など、症状や身体の状態に合わせて、様々な角度でサポートいたします。

 

 

清潔で明るい院内。バリアフリー設計で安心

5:2 外観

当然の事ですが、アルコール除菌や使い捨てタオルなど衛生管理も徹底しております。また入り口からフラットに設計しており段差がありませんので、車いすやベビーカーなども安心です。

 

 

キャンペーン実施中

 

2月29までに
\ご予約の方に限り/

ソフト整体で
根本改善コース

 

初回60分
(カウンセリング・検査&施術)

2回目(施術)

セットで 1,980円
※通常 1回6,980円×2回
=13,960円

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

※全て税込価格

 

tel:05088872312 予約フォームLINEマップ

 

さくら市の整体なら「ひろまの整骨院」 PAGETOP